お知らせ


 ホーム

 お知らせ

 活動報告

 
アーカイブ

 
会員プロフィール

 リンク

 会員募集

 お問い合せ・
 登録


2015201420132012201120102009200820062005
【記事一覧】


JUDI 都市環境デザイン会議九州ブロック セミナー
「まちのパブリック空間のこれからを考える」のお知らせ(2014.11.21)


日本都市計画学会 九州・関西・中国四国支部連携シンポジウム「南海トラフ巨大地震への備え〜九州の地域防災力を考える〜」のお知らせ(2014.04.30)





JUDI 都市環境デザイン会議九州ブロック セミナー
まちのパブリック空間のこれからを考える

これまで日本の都市計画・まちづくりでは、道路、河川、公園などの都市インフラ
の整備に加え、様々な制度を用いて豊かな公共空間づくりに取り組んできました。
一方、人口減少社会に突入した昨今、まちづくりの様々な場面で「つくる」ことか
ら、
いかに「使い、育てるか」といった視点に変化していることを感じます。
近年の様々な規制緩和の動きなどから、これらパブリック空間の活用が進んでいま
すが、今回、都市環境デザイン会議九州ブロックメンバーが取り組む活動を事例に
して、パブリック空間の利用や活用という視点から、これからのパブリック空間の
あり方について考えてみたいと思います。

日時:12月2日(火)18:30〜20:30
場所:冷泉荘 2コ1多目的スペース
スピーカー:
 ●喜多 峻平(昼の中洲づくりプロジェクト/ランドブレイン株式会社)
 ●片田江 由佳(福岡ピクニッククラブ/アイランドシティ・アーバンデザインセンター)
コメンテーター:
 ●柴田 久(福岡大学工学部社会デザイン工学科 教授)
 ●下野 弘樹(Future Studio 大名+)
 ●宮本 信太郎(福岡市みどり推進課 課長)
参加費:無料
定員:40 人(先着順)
申し込み:
 参加ご希望の方は、E-mail にて、「住所、氏名、所属・勤務先、電話番号、
メールアドレスを記入の上、11 月28 日(金)までに、judi-q@or.tv へお申込みください。

主催  都市環境デザイン会議九州ブロック

詳細→PDFをご覧ください。



ページ先頭に戻る






日本都市計画学会 九州・関西・中国四国支部連携シンポジウム
 「南海トラフ巨大地震への備え  〜九州の地域防災力を考える〜」のお知らせ

■趣旨
本シンポジウムでは、国・県・市の担当者、地域で防災活動を実践されている方々、加えて防災まちづくりの専門家が一同に会することで、地区防災の現状と課題、今後の方向性について様々な視点から議論し、南海トラフ巨大地震へどのように備えるべきか、地域はどのように行動すべきか、被害を最小限に止めるにはどのような連携が必要か、シンポジウムに参加する全員で考え、議論し、共有したいと思います。

■日時:2014年5月24日(土)13:15〜16:30 (開場12:45〜)

■会場:NHK大分放送局スタジオホール「キャンバス」
     大分県大分市高砂町2-36 オアシスタワー2階 TEL097-533-2825

■プログラム
報告1「大分県の津波被害対策」
     大分県生活環境部防災危機管理課参事監兼課長 池永 俊八
報告2「臼杵市の津波被害対策」
     臼杵市総務課防災危機管理室長 板井幸則
報告3「臼杵の地区防災活動の取組み」
     臼杵市立臼杵小学校・前PTA会長 塩崎洋一
報告4「上堅田の地区防災活動の取組み」
     佐伯市上堅田公民館・前館長 林  寛
報告5「復旧・復興初動期の備え」〜東日本大震災・阪神淡路大震災の経験から
     兵庫県西宮市開発指導課長(元南三陸町復興推進課長) 畑 文隆

内閣府説明「地区防災計画制度と地区防災計画ガイドライン」
     内閣府(防災担当)普及啓発・連携担当参事官室  西澤雅道・筒井智士(防災・普及啓発連携)

全体議論
    【論点1】避難・防災活動から次のステップへ
    【論点2】コミュニティとまちづくりの連携
     九州産業大学工学部建築学科教授 日高圭一郎
     熊本県立大学環境共生学部居住環境学科准教授 柴田 祐
     大分大学工学部福祉環境工学科准教授 小林祐司
     登壇講師、他を交えての議論
■主催:公益社団法人日本都市計画学会九州支部・関西支部・中国四国支部

■共催:内閣府(防災担当) 都市環境デザイン会議(JUDI)

■定員:先着120名(申込み先着順)

■参加費:無料

■参加申込:シンポジウム名称と必要事項を明記の上、E-mailあるいはFAXにて送信。
     【必要事項】氏名(ふりがな)、所属、住所、電話、メールアドレス
     【送信先】E-mail:judi-q@or.tv あるいは FAX:092-791-7662

■問合せ:「復興の姿研究会」九州事務局
     合同会社G計画デザイン研究所 担当:尾辻
(E-mail:otsuji@gpd-i.com/FAX:092-791-7662)

詳細→PDFをご覧ください。



ページ先頭に戻る